女性が転職するにあたって男性よりも重視しなければならないことは、出産・育児を視野に入れたうえで、ワークライフバランスを重視する会社を選ぶ必要がある点でしょう。

 

後悔はしたくない

 いくらやりがいがあり、給与も満足できる企業であり、自分がその企業で十分に力を発揮できる能力を持っていても、女性の出産・育児に理解のない会社であれば、転職することが出来たとしても後で後悔してしまうことになりかねません。

 

プランを持って転職

 結婚は何歳になってからでもできますが、出産には厳然として年齢によるリミットが存在します。そういったライフプランを考慮しながらキャリアデザインをし、転職活動をしなければなりません。

 

想定外のことも起こる

 さて、そのように女性の育児・出産に理解のある会社に転職を果たしても、育児というものにはいつも想定外の事態がつきまといます。子供を育てるということは、自分の思い通りにはなかなかいかないものです。たとえば、子供が病気がちで、規定の育児休暇が明けても、職場復帰できない等計画通りにいかないこともままあります。出産・育児の都合でせっかく得た仕事を失わざるを得ないことも残念ながら多いに起こりうることなのです。

 

バランスと対応能力

 ですから、望むと望まざるとにかかわらず、環境の変化にさらされやすい女性が、仕事を持ってキャリアを形成していくには、自分の分野でつねに研鑽を怠らず、(もちろん育児とのバランスを取りながらですが)どんな境遇になっても柔軟に対応できる力を養うことが一番大切です。

 

 

お役立ち情報
既卒が就職するためのおすすめ特集
既卒から就職成功するまでの手順

 

40歳以上の求人 | 成功の法則ナビ
40歳以上の求人の探し方のコツ

 

25歳の転職で必須の掟
25歳は転職に有利?不利?

 

http://xn--40-og4a5azl726pos7dwdya.net/
40代の転職成功の秘訣!

 

http://xn--vekv29fttjfgc5t2euc7a.net/
中高年の就職お役立ち情報

更新履歴


このページの先頭へ戻る