食品関連企業の中でも特に乳製品の分野は全体的に難易度が高い業界です。しかしながら子供からお年寄りまたは体が弱い方まで幅広く食べられているので、いわば全ての人間に対して必要不可欠な食材になります。その為に需要はかなりあるので企業としてはとても安定しており転職や就職をする上ではとても将来性がある分野と言えます。

 

食品業界のリスク

 ただし食品企業は近年世間で騒がれている異物混入事件や事故などの食品に関係するリスクは多く存在します。特に乳製品の場合は他の食品に比べて臭いを吸収しやすい特性があり細菌の繁殖もしやすい為常にリスクと向き合わなくてはなりません。その為に食品関係の工場では常に機械や建物だけでなく人に対する衛生管理が基本となります。

 

細菌知識が必要

 転職をする為にはノロウィルスやサルモネラ菌、セレウス菌と言った食品の脅威となる細菌の性質とそれを予防する為の知識が必要になります。行動としては手洗いを普段からきちんとしたり髪の毛を長くしすぎないなどの衛生的な身なり保った習慣をする事が大事です。

 

問題の対処能力

 また食品全般に言えることですが特に乳製品の場合は幅広いお客様がいらっしゃる為に不良品が流れてしまえば簡単に信用を失ってしまいます。その為に常に何か問題が発生した時は必ず自分だけで解決しようとはせずに周りに相談をしたりわからないことであればわかる人に必ず聞き適切な対処をする必要があるので「黙認しない、放置しない、遠慮しない」の精神を常に入れておく事が大事です。

 

製造に関する知識

 乳製品の業界でも機械は多く使われている為、電気や機械など保全に対する知識はある方が高感度は高くなります。自主保全士や機械保全士の資格は簡単な級でも取得しておくと転職には多く役立ちます。乳製品業界で必要な専門知識は基本的にどの企業も同じように入社してからの研修で行うので入社前に牛乳やヨーグルトに関する知識はあるある方が良いですが特になくても良いです。

 

まとめ

 大事なのは常に衛生管理をする習慣作りと少しのミスや悪い点があれば止めてでも上司や別の人に相談する事が食品企業にとっては大事です。それをクリアできれば入社するのは難しくはありません。その後安定して仕事ができるかどうかは正しいルールを守り続ける自分達次第になります。



このページの先頭へ戻る