転職活動にはやはり、それなりに出費が発生します。細かい出費が多いかもしれませんが、やはり履歴書や封筒を用意し、スーツをクリーニングに出し、新子いワイシャツや靴下を用意し・・・といった風に準備をしていると、思った以上に転職費用が嵩んでしまったりするのです。

 

転職費用を集める方法

 しかし、転職を控えている人の中にはすでに退職してしまっていてお金を稼ぐ術がないといった人もいますし、実際に「転職しなければならないのに転職のための費用が少ない」といったことで悩んでいる人は少なくありません。ですので、そういったことに悩んでいる方は短期アルバイトなどをするようにし、資金をとにかく集めるようにしてみましょう。

 

 最近では、短期アルバイトがカンタンに見つけられる時代になっていますし、2日も勤務すれば12000円〜20000円は稼ぐことができるはずです。

 

空白期間の理由とする

 また、少しでもアルバイトをしておけば「この空白の期間は何をしていたのでしょうか」と、面接官から訊かれてしまったとしても、「その期間は生活費を得るために短期アルバイトをしておりました」といった風に答えることができます。何もしないよりかは働いていたことをアピールした方が印象が良くなりますし、転職のための費用を無理に削ってしまうと、転職活動の成否に響いてしまいがちなので、ないお金は作るようにしましょう。

 

まとめ

 もちろん、転職は計画的におこなうべきですし、生活費を削りつつ活動するようなことはあってはならないので、お金のやりくりにも注意しつつ活動するように注意してみてください。



このページの先頭へ戻る